UTSUWA & LIVINGWARE STROLL ストロール

BLOG

7/25より開催しております林拓児 陶展の一部の作品を、オンラインストアでも販売いたします。

8/3(月) 21:00~ 掲載予定

どことなく古びた雰囲気を纏う静かな器たち。
普段使いしやすいものがたくさんございます。
また今回制作いただいた新作の器もご案内する予定です。ぜひご覧くださいませ。

林拓児さんのオンラインページ

Filed under : 林拓児

7/25(土)から始まります林拓児さんの展示会。
土日は終日予約制でと考えておりましたが、現時点でのご予約状況から
以下のとおりに変更させていただきます。

7/25(土)
10:00〜13:15 ご予約制
13:30〜17:00 自由にご来店いただけます

7/26(日)
終日 自由にご来店いただけます

すでにご予約をいただいている方は、その時間帯にお越しください。
店内が混み合う場合は、ご予約の方を優先しまして、人数制限をさせていただきます。
ですので、だいたいのご来店時間がお分かりでしたら、ぜひ事前にご予約ください。

沢山の方に来ていただきたい
一人でも多くの方に作品を見ていただきたいのに
全力でそうできないこの状況がもどかしくてたまりませんが、
皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

*入店時はマスク着用、入り口のアルコール消毒のご使用をお願いいたします。

【林 拓児 陶展】 
2020.7.25(土)-7.31(金)
作家在店日 7/25(土)
土日 10:00-17:00
平日 11:00-16:00
会期中無休

弊店では2回目、3年ぶりとなる林拓児さんの展示会を開催いたします。
代表作である貫入や黒釉に合わせて、今回は中国古陶磁の緑釉を彷彿させる色鮮やかなグリーンの器、また染付の器など新作も並びます。
古典的な味わいを残しつつ、現代の多様な食卓風景に溶け込む器たち。作家が新たに挑戦する新しい風も感じていただければと思います。ぜひご高覧ください。

林 拓児
Takuji Hayashi
1977年 愛知県瀬戸市の製陶所の四代目として生まれる
2002年 倉敷芸術科学大学 機能物質化学科 卒業
2004年 瀬戸窯業技術センターにて釉調合の基礎を学ぶ
2006年 愛知県立窯業高等技術専門校 修了 
窯元で4年間賃挽きの傍ら制作をはじめる
2010年 瀬戸・上品野に築窯
2016年 岡山県に築窯・移住

【林 拓児 陶展】 
2020.7.25(土)-7.31(金)
*25(土)と26(日) 10:00〜17:00
*27日以降は11:00-16:00
*作家在店日 7.25(土)

皆様に安心してご覧いただけるよう、土日にあたります初日7/25と2日目7/26は予約制とさせていただきます。

時間枠は下記の通りです。

① 10:00-10:45
② 10:45-12:30
③ 12:30-13:15
④ 13:15-14:00
⑤ 14:00-14:45
⑥ 14:45-15:30
⑦ 15:30-16:15
⑧ 16:15-17:00

45分間の時間枠で、3組様までとさせていただきます。

ご予約をご希望の方は
*お名前
*ご連絡先番号
*人数(2人まで)
*ご希望の時間枠①〜⑧のいずれか
を、お電話(089-933-8911 STROLL 営業時間内でお願いいたします) 、メール information@stroll-store.com、インスタグラムのDMにてお知らせください。

*ただ今、弊店HPのCONTACTのページのフォームメールがご利用できなくなっています。ご注意ください。
*27日以降は自由に見てきただけます。(状況により入店制限をさせていただきます)

弊店では2回目、3年ぶりとなる林拓児さんの展示会を開催いたします。
代表作である貫入や黒釉に合わせて、今回は中国古陶磁の緑釉を彷彿させる色鮮やかなグリーンの器、また染付の器など新作も並びます。
古典的な味わいを残しつつ、現代の多様な食卓風景に溶け込む器たち。作家が新たに挑戦する新しい風も感じていただければと思います。ぜひご高覧ください。

林 拓児
Takuji Hayashi
1977年 愛知県瀬戸市の製陶所の四代目として生まれる
2002年 倉敷芸術科学大学 機能物質化学科 卒業
2004年 瀬戸窯業技術センターにて釉調合の基礎を学ぶ
2006年 愛知県立窯業高等技術専門校 修了 
窯元で4年間賃挽きの傍ら制作をはじめる
2010年 瀬戸・上品野に築窯
2016年 岡山県に築窯・移住

林 拓児 陶展
2020.7.25(土)-7.31(金)
作家在店日 7.25(土)

弊店では2回目、3年ぶりとなる林拓児さんの展示会を開催いたします。

代表作である貫入や黒釉に合わせて、今回は中国古陶磁の緑釉を彷彿させる色鮮やかなグリーンの器
また染付の器など新作も並びます。
古典的な味わいを残しつつ、現代の多様な食卓風景に溶け込む器たち。
作家が新たに挑戦する新しい風も感じていただければと思います。
ぜひご高覧ください。

林 拓児
Takuji Hayashi
1977年 愛知県瀬戸市の製陶所の四代目として生まれる
2002年 倉敷芸術科学大学 機能物質化学科 卒業
2004年 瀬戸窯業技術センターにて釉調合の基礎を学ぶ
2006年 愛知県立窯業高等技術専門校 修了 
窯元で4年間賃挽きの傍ら制作をはじめる
2010年 瀬戸・上品野に築窯
2016年 岡山県に築窯・移住

*土日にあたる初日25日と2日目26日は予約制となります。
時間枠はまた改めてご案内いたします。