UTSUWA & LIVINGWARE STROLL ストロール

BLOG

2023.11.4(sat) – 11.12(sun)
11:00-17:00 会期中無休

*ご来店時は手指の消毒をお願いいたします。
*店内混雑時は人数制限をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

日本的な魅力と、どことなく感じる異国の趣。
現代の器だけれど、長い年月を経た古いもののようでもある。
遠い場所やいつかの時代に思いを馳せてしまうようなノスタルジーを纏った原田さんの器。
日常にゆったりとした時間をもたらせてくれる作品たちをご高覧ください。

原田 七重 

1969年 東京生まれ
1994年 多摩美術大学彫刻科卒業
2006年 愛知県立窯業高等技術専門校修了
現在石川県にて作陶

2023.10.14(sat) – 10.22(sun)
11:00-17:00 会期中無休
作家在廊日 10.14(sat)
※ご来店時はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
※店内混雑時は人数制限をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

植物、結晶、気候など自然が作り出したものに魅力を感じ、それらをモチーフとした作品を金属や鉱物を用いて表現されています。

弊店では2回目となる作品展。今年新たに手がけた新作を含め、普段常設ではご案内できていないアイテムも多数展示いたします。
ご自身へのご褒美として。
また大切な方への贈り物に。お気に入りを探しにぜひご来場ください。

2023.9.23(sat) – 10.1(sun)
11:00-17:00 会期中無休
作家在廊日 9/23
*自由にご来場いただけますが、店内混雑時は人数制限をさせていただきます。

弊店では3年ぶり、3回目の開催になります。
代表作である貫入や黒釉、今展での新しい試みもご覧いただけます。
古典的な趣を残しつつ現代の多様な食卓風景に溶け込む器。
共に年を重ねていきたいと感じさせてくれる、そんな作品たちをぜひご高覧ください。

林 拓児 
1977 愛知県瀬戸市の製陶所の四代目として生まれる
2002 倉敷芸術科学大学 機能物質化学科 卒業
2004 瀬戸窯業技術センターにて釉調合の基礎を学ぶ
2006 愛知県立窯業高等技術専門校 修了
   窯元で4年間賃挽きの傍ら制作をはじめる
2010 瀬戸・上品のに築窯
2016 岡山に築窯・移住
各地ギャラリーにて展示会を開催

鍛造作家シマダ カツヨシ バングル&リング 受注会

日程 8/5(土) / 8/6(日) / 8/7(月) 3 days
時間 11:00-17:00

どんな洋服とも相性の良い
さりげなく、それでいて静かな存在感も感じさせてくれる
つけていることを忘れてしまうくらい腕にすっとなじむ
上質で、お守りのようなバングルがあればと、何年もずっと思っていました。

思いがけず嬉しいご縁をいただき、出会ったシマダさんのバングル。
「手首の研究家」と名乗る彼の手掛けるバングルは、一人一人の手首の骨格、筋肉と腱を調べることから始まります。
そして、長年積み上げた膨大な量の研究材料を基に、鍛造という伝統的技法を用いて、そのひとに一番美しく似合うバングルを作り上げていくのです。

私の手首はとても細く、骨ばっていて、正直自分の手があまり好きではありません。
市販のバングルもいくつか持っていますが、どれもサイズが合わなくて、ぐるぐるとまわってしまう。
シマダさんに作っていただいたバングルは、手首の一番止まってほしい場所にぴったり収まる。
金属なのにどこか柔らかさも感じることができ、骨ばった私の手も優しく見せてくれるような気がしています。

手首を調べてもらう、という不思議な体験から始まる受注会。
人生を共にしたいバングルをお探しの方は、ぜひこの機会にご来店ください。

またバングルと合わせて、リングやブライダルリングのオーダー、大切にお使いいただいているアクセサリーのリフォームも承ります。
お気軽にご相談ください。

【アポイント時間】
① 11:00-12:00
② 12:00-13:00
③ 13:00-14:00
④ 14:00-15:00
⑤ 15:00-16:00
⑥ 16:00-17:00

受注会はご予約優先制です。ひと枠につき4名様ほどまで可能です。
カップルや親子でのお申込みもぜひ。
店頭、お電話(089-933-8911)、インスタグラムのDMより、ご希望のお日にちと時間帯、ご予約人数をお書き添えの上、お申し込みください。

受注会の3日間は通常通り常設の展示もしております。
ご予約がなくても普段通りご来店いただけますので、少しだけご興味のある方も、ぜひ覗きにいらしてくださいね。

4/22(土) – 4/30(日)
11:00-17:00 会期中無休
作家在廊日 4/22(土)
*自由にご来場いただけますが、店内混雑時は人数制限をさせていただきます

地面に降り積もる雪。
運河沿いに立ち並んだ古い倉庫群。
作家が暮らす北海道、小樽の風景を器に映しこむように制作しています。
凛とした冷たさや陰影。
洗練と郷愁を纏った作品をご高覧ください。

戸塚 佳奈 とづか かな
2005 沖縄で工房勤務
2007 故郷である小樽市に築窯、 陶芸を独学する
2010 作家活動開始
各地ギャラリーで展示会を開催

 

2022.10.29(sat) – 11.4(fri)
11:00-17:00 会期中無休

 

日本の骨董のようであり
同時に東南アジアの雑器やヨーロッパの古陶磁を思わせる異国情緒も内包した独自の世界観は
多くの人の心を魅了し続けています。
弊店では4年ぶりとなる待望の個展。
確かな成形技術と、伸びやかで彩り豊かな文様。余白の妙。
作家が生み出す美しい景色をご堪能ください。

※ご購入に際し点数制限を設けさせていただきます。点数につきましては最終の合計数により作家と相談の元、決定いたします。
※初日10/29(土)は予約制でのご来店になります。
※2日目以降は自由にご来店いただけますが、店内混雑時は人数制限をさせていただきます。
※ご来店時はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。

【初日10/29ご予約方法】
メールでのご予約となります。
お電話、インスタグラムのDM等はお受けできませんのでご注意ください。

弊店HP、< CONTACT >のページより、お名前・メールアドレス・ご連絡先番号(携帯番号等)・ご住所の欄をご記入ください。
< QUESTION >の欄に「伊藤聡信展 予約」とご記入、ご希望の時間帯を第1希望から第3希望までご記入いただき、送信してください。
その後すぐに自動送信で「お問い合わせありがとうございます」というタイトルのメールが届きます。
自動送信メールが届かない場合は、何かの事情でこちらにメールが届いていない可能性がございますので、
別アドレスにて再度お送りください。

8名様ずつ、各回45分間の入れ替え制となります。

【1】10:00-10:45
【2】11:00-11:45
【3】12:00-12:45
【4】13:00-13:45
【5】14:00-14:45
【6】15:00-15:45
【7】16:00-16:45

※予約開始時間 10/11(火)10:00~
ご予約の受付は終了いたしました

※ご予約は先着順、多数の場合はこちらで抽選とさせていただきます。
後日、ご予約が確定した方にメールでお知らせいたします。

展示会を楽しみにお待ちいただいている皆様がひとりひとり気持ちよくお買いものできるよう
作品を丁寧にご覧いただけますよう、私どもも尽力いたしますので、皆様もどうかご協力いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

2022.9.17(sat) – 9.25(sun)
11:00-17:00
会期中無休
*ご来店時はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
*店内混雑時は人数制限をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

ひとつひとつ木と真摯に向き合い生まれた器やカトラリーは、日々暮らしの傍で呼吸するように育ち、年々味わいを増していきます。
弊店では4年ぶり、2回目となる川端さんの展示会。常設ではなかなかご覧いただけない作品が多数並びます。
会期中はパティシエールの奥様、ミアさんが手がけるpattisserie MiAのコンフィチュールとお菓子も販売いたします。
ぜひご来場ください。

2022.4.23(sat) – 5.1(sun)
11:00-16:00
会期中無休 土日は17:00まで

*ご来店時はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
*店内混雑時は人数制限をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

大阪府交野市に工房を構える翁再生硝子工房の展示会を開催いたします。
お酒や調味料などに使われる古い瓶を熔解し吹きガラスで形作られた作品、食器類や保存瓶、ランプシェードなど幅広くご案内いたします。
まるで時を経たアンティークガラスのように、ノスタルジックな魅力溢れる作品たちを、この機会にぜひご高覧ください。

2021.12.4(sat) – 12.12(sun)
11:00-16:00 ※土日は17:00まで
会期中無休 
作家在店日 12/4(sat)

自然物の色や質感を写し込むように制作された器は、心の赴くままに手を動かした自由な線と、抽象画のような景色が広がり、使う道具であるとともに、アートピースのような側面を持ち合わせています。

地面を覆う雪や枯木立、垂れこめた灰色の雲・・・
今展では白やグレー、銀を基調とした、陶が創りあげる冬の情景をご覧いただければと思います。

[作家プロフィール]
1973年 大阪市に生まれる
プラットカレッジ(米) サンディエゴ校 グラフィックデザイン科 終了
自宅ガレージ内のアトリエで制作を続けながら、国内外のギャラリーにて展示会を開催

ご来店時はマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
また店内混雑時は人数制限をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

店内がどんな景色になるのか、今から楽しみでなりません。
皆さまのご来店を心よりお待ちお待ちいたしております。

9/25(土) – 10/3(日)
11:00-16:00
会期中無休
土日は17:00まで

宮崎県で作陶されている増渕篤宥さんの展示会を開催いたします。四国では初の開催となります。
モダンでスタイリッシュなモノトーンの器。
緻密な彫細工が施された釉象嵌の器。
その他、耐熱の器なども多数並びます。
手間をかけ、丹精込めて生みだされる繊細で優美な作品を、この機会にぜひご高覧ください。

※会期中ご入店の人数制限をさせていただきます。お待ちいただく場合がありますことを予めご理解ください。

[作家プロフィール]
1970年 茨城県笠間市に生まれる
1990年 東京デザイナー学院 工芸工業デザイン科卒
1991年 愛知県立瀬戸窯業高等技術専門校 陶磁器デザイン科卒
1992年 同校専攻科卒
1992年 愛知県瀬戸 喜多窯霞仙陶苑に入る
1997年 茨城県笠間 笠間焼窯元向山窯に入る
2004年 宮崎県綾 照葉窯に入る
2005年 宮崎県北諸県郡高崎町にて独立開窯
2010年 宮崎県小林市に移転
現在に至る