UTSUWA & LIVINGWARE STROLL ストロール

BLOG

マグカップ 松原竜馬

現在発売中の nice things. 「扉を開けたいお店」のP50-53に当店を掲載していただきました。

もともと大好きで愛読していた雑誌。
お声がけいただいたときは夢かと思いました。
丁寧に取材をしていただき、素敵な写真と文章にまとめてくださって本当にうれしいです。私にとって一足早いクリスマスプレゼントとなりました。

扉を開けに行きたくなるお店が満載です。私もお邪魔している馴染みのお店もちらほらと。ぜひぜひ書店でお求めください。

二月空のカレンダー、2018年のサンプルが届きました。

光と陰の織りなすモノクロームの世界。
静寂のなかから感じとれる僅かな音や温度、気配。刻々と移り変わる光を捉えた写真はまるで心象風景のようにおぼろげで、すこし懐かしさも含んでいます。

2月から始まるカレンダーは、2018年の2月から2019年の1月までの12枚。大きめのポストカードサイズです。
毎年店でも自宅でも愛用しています。壁に貼りつけたり、デスクに立てかけたり。終わった月は写真を切り取ってポストカードに。

二月空 2018年カレンダー
サイズ 12×23.5センチ
1,900円(+tax)
通販の場合 送料 140円

◼︎二月空のカレンダーのオンラインストアはこちら

今回の展示会でのワークショップ。
角田さんに講師を務めていただき、「松原家の味噌づくりワークショップ」を開催いたしました。
角田さんが毎年ご自宅で行っている味噌づくり。九州の有機栽培大豆を使ってのお味噌作りを教わりました。

私は下処理を担当。
たっぷりのお水で大豆を戻した後は、お鍋でじっくりと炊いていきます。

お味噌づくり、意外に簡単でワークショップでは1時間ほどで完成。出来上がったお味噌は角田さんの作品でもある味噌つぼに仕込みます。来年の夏頃には食べ頃になるそうです。

ワークショップ後のお茶の時間では、角田さんが今まで作ったお味噌(豆味噌、麦味噌、米味噌)のお味見などもしていただきました。

角田さんの明るいお人柄と軽快なトークに皆さん引き込まれたはず。楽しかったという沢山のお声、今後味噌づくりを毎年の恒例行事にしたいというお声もいただきました。
ご参加くださいました12名の皆様、ありがとうございました。

松原竜馬・角田淳 展示会「陶と白磁 日常の器」、無事終了いたしました。
連日沢山の方にご来店いただきました。なかには2度、3度と足を運んでくださった方もいらっしゃって、嬉しい気持ちを沢山いただきました。本当にありがとうございました。

今回は角田さんにランプシェードも制作いただきました。静謐な空気漂う真っ白なシェードが器を優しく照らして、空間全体が作品として一体化し、とても見応えある展示になったのではと思います。また、粉引と白磁の白の世界と、松原さんのスリップウェアとの調和もうっとりするほどでした。
私自身も楽しい時間をすごさせていただきました。松原さん、角田さん、ありがとうございました。

お二人の次回の展示会は3年後、またこの季節に。それまでに店も私もまたすこし、成長できていればいいなと思います。

この時期の展示会で毎年お願いしている、「日曜日のごちそう」森下美津子さんの美味しいもの。シュトーレンやジャム、グラノーラ、パンケーキミックスなどを届けていただきました。

【松原竜馬 角田淳 展示会 陶と白磁 日常の器】
オンラインストアにて、展示会で制作いただいた作品の一部の販売を開始しました。
日常の食卓、またお正月などハレの日にも、幅広くお使いいただける器が沢山です。会期中ご来店になれなかった方、ご興味を持って見てくださっていた遠方のお客様へお届けできればと思います。ぜひ覗いてみてくださいね。

*お品をご覧になる際は、オンラインストアのページを開いて【作家で選ぶ】(スマホの場合はまず右上をクリック)→【作家名】をクリックしてご覧ください。
*最初のページに掲載されている【新着情報】では全ての商品が表示されませんのでお気をつけください。