UTSUWA & LIVINGWARE STROLL ストロール

BLOG

LEE3月号

2014.02.18

lee1

lee2

今月発売のLEE3月号の別冊付録「目利きが選ぶ今欲しい名作雑貨317」に、当店でもご案内させていただいている作家さんのうつわがたくさん掲載されています。
安部太一さん、伊藤環さん、遠藤素子さん、角田淳さん、松原竜馬さん。
ほかにも毎日の暮らしが楽しくなるうつわや雑貨がたくさんあり、興味深く拝見しました。
ぜひご覧になってみてくださいね。

soupbowl4

(左から)安部太一 茶釉ボウル(3780円) 原田七重 灰釉ボウル・粉引ボウル(ともに2625円)
八木橋昇 赤土ボウル(3360円) 宅間祐子 ほっこり碗(2730円) 
遠藤素子 灰粉引ボウル・2色ボウル(ともに2100円)

日中はまだまだ暑いですが、朝晩がずいぶん涼しく感じられるようになりました。
そろそろ温かいスープが恋しくなる季節が近づいてきましたね。
慌ただしい朝にいただくスープはスープマグで、夕ご飯にゆっくりいただくときはスープボウルで。心も身体もほっこりするスープのためのうつわ、いろいろと取り揃えております。
スープマグはそのままお茶を飲むときのマグカップにも、スープボウルはサラダやおかずを入れる鉢、またカフェオレボウルとしても。様々な用途で楽しんでお使いいただけたらと思います。

soupcup1

(左から)福岡彩子(白・青・黒ともに3150円) 大野素子(3150円) 小澤基晴(2310円)
川口武亮(2940円)

いくつかオンラインストアでもご案内しておりますので、覗いてみてくださいね。

abe8

安部太一 マグカップ  3360円

:::営業日のお知らせです:::

8/30(金)、県外からのご来店希望により臨時営業いたします。(営業時間は通常通り11:00~16:00です)あまりない金曜日営業、ご都合の合う方はぜひお越しくださいませ。
お盆休み中、ご来店希望のお問い合わせをたくさんいただきましたが、ご希望に添えず大変申し訳ございませんでした。
いつの日かタイミングが合い、お目にかかれます日を楽しみにしておりますm(_ _)m
「営業日のご案内」のページに9月の営業日をアップしました。

写真は、安部太一さんの青釉と茶釉のマグカップ。
茶釉には若干青が混ざっていたり、青釉はところどころ掠れたように茶色に変化していたりと、その色のニュアンスが本当に素敵。
昨日ご来店された方は贈りものに選ばれていました。
けっこうたっぷりはいるのでマイカップに最適。私も誰かに贈られたいものです・・・

abe4

安部太一 白釉モール深皿 6825円

ブログに入荷お知らせを書いてから、度々お問い合わせをいただいている安部さんのうつわ。なかなか更新できていなくてすみません。仕事が遅くて・・・m(_ _)m
再入荷のうつわも含め、少しですがオンラインストアに更新しました。ぜひご覧になってみてくださいね。

上の白釉モール深皿は、すこし黄色味がかったようなグレーがかったような、なんともいえない奥深い白。果物をごろごろっと盛ってテーブルに置いておくだけでも絵になります。

abe5

白釉輪花皿(大) 5565円

こちらのうつわは同じ白釉でもモール深皿とはまた違った乳白色。オランダの古いデルフト白釉のような柔らかさと静けさを感じます。フェルメールやハンマースホイの絵画のなかにでてきそうな雰囲気。形どられた輪花にできる陰影がとても綺麗です。
まだアップできていませんが、小さいサイズ(径:19センチ)も入荷しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  abe7

茶釉蓋つきボウル 4515円                茶釉面取りスープカップ  3360円

再入荷のうつわ。蓋つきボウルは青釉のものも入荷しております。

Filed under : 商品,安部太一

abe1

安部太一さんの器が入荷しました。
青釉、白釉、茶釉の3色からなる安部さんの世界。西洋の静物画、静かなバロック音楽、教会の神聖な空気感・・・。そんな感じのものを連想させるような佇まい。芸術性の高い作品でありながら、暮らしに自然となじむ民藝の趣も合わせ持つため、どこか懐かしさも感じます。
生活感を感じさせない美しいものを日常に取り入れて楽しむ感性が、より上質で豊かな暮らしにつながることを教えてくれる、そんな器たちです。

写真は届いたなかのごくごく一部。たくさん作っていただきました。ちいさな店内では全て展示できませんが、お声かけいただきましたらお出ししますので、お気軽にどうぞ♪

ブログ、またオンラインストアでもこれから少しずつご案内していく予定です。

安部太一さんのオンラインストアはこちら

abe2

静かで穏やかな空気が流れているような・・・。ほんと、絵になります。

Filed under : 商品,安部太一